早川チャンネルバイオマスOPP袋「バイオマスってなに?」

―バイオマスOPP袋―「バイオマスってなに?」

毎度ありがとうございます!

早川製袋の天辻です。
いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!!

今回は話題になって久しい「バイオマス」「バイオマスOPP袋」についてです。
まず「バイオマス」とは何かを簡単に説明していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が取り組んでいる、国家的エコ戦略に基づき、温室効果ガス排出削減を目的とし、地球温暖化防止策として推進している「カーボンニュートラル」への取り組みを理解するところから始まります。

石油を用いたプラスチック等石油製品の廃棄焼却時にはCO2(二酸化炭素)が発生してしまいます。このCO2は温室効果ガスとしての効果があり、排出され続けることで、地球温暖化原因の一つとなっています。

地球温暖化が進行すると海面水位の上昇、生態系の変化、食糧難等、地球環境に対しての様々な悪影響を及ぼし、現在の状況が2050年まで続けば、地球平均気温は3℃上昇。そうなると現在の地球環境の復元は不可能との試算がされています。

 

そこで現在注目され、さまざまな分野で導入が進められているのが、「バイオマス原料」です。

バイオマスとは、再生可能な有機物質由来で化石資源(石油、石炭)以外の原料の事で、廃棄物を利用した資源や資源として栽培される植物等の事を言います。

化石資源は再生、再利用が困難であり、前述のとおり燃焼時に多量のCO2を排出してしまいます。

しかしバイオマス原料は例えば植物性バイオマスの場合、燃焼の際に発生するCO2は、原料植物の製造過程で必要となり、消費製造のサイクルの中でCO2を循環させることが出来、放出されるCO2を削減する事が可能になります。

これが「カーボンニュートラル」の取り組みの基本的な思想になります。

 

よって、バイオマス原料使用のプラスチック製品を使用することは、近い将来迫っている地球温暖化による地球環境の悪化の対策を行う為の取り組みであり、進行速度を和らげ、SDGs達成の取り組みに参加しているという事になります。

以上が「バイオマス」についての説明となります。

今回は「石油製品=プラスチック」メインに解説を行いましたが、他にも、燃料、飼料肥料等、様々なバイオマス素材が存在します。
詳しくは 「環境省HP」http://www.env.go.jp/index.html

こちらにも記載があります。ご興味御座いましたらご覧になって下さい。

 

さて次回はいよいよ「バイオマスOPP袋」について解説していきます。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
どうぞ次回をお楽しみに!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA