―バイオマスインキ使用の印刷OPP袋―

毎度ありがとうございます!
早川製袋の天辻です。
いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!!

前回弊社取り扱いの「バイオマスOPP袋規格品」のご紹介をさせて頂きました。
今回は「バイオマスインキ使用のOPP印刷袋」について紹介していきます。

大手食品メーカーでも、包装パッケージにバイオマスマークの表記が増加してきており、世間で徐々に「バイオマスマーク」を目にする機会が増えてきたように感じます。

弊社製造の印刷OPP袋は、「バイオマスインキ」を使用する事が出来ます。

これまでご紹介してきたバイオマスフイルムのOPP袋は、フイルム自体にバイオマス含有原料が使用されています。
では、バイオマスインキを使用するメリットをご説明していきます。

 

「バイオマスインキのメリット」

・バイオマスマークが使用出来る。
弊社で使用しておりますバイオマスインキは、バイオマス含有率20%以上の物を使用しておりますので、バイオマスマークの記載が可能です。

マークを使用する事で、非常にわかりやすく、バイオマス使用の環境対策アピールが行えます。

・従来インキとコストは変わらない。
従来インクと比較してインクコストは変わりません。

・従来インキと同等の使用感、色味。
従来インキと使用感、色味の違いがありませんので、デザインを損なうことなく使用出来ます。

・現在使用のグラビア版がそのまま使える。
使用感、色味に違いがありませんので、お持ちのグラビア版はそのままご使用頂けます。

・現在使用のグラビア版に「バイオマスマーク」を追記する事が可能。
デザイン作成済み、現在使用中のグラビア版のデザインに、

バイオマスマークを追加する事が可能です。多色刷りデザインの場合、一部版をデザイン変更するだけで追記する事も可能ですので、新しく版を製作する場合より大幅にコストカットが可能です。
一部対応できない場合も御座いますので、事前に御確認ください。

・バイオマスCPP袋と組み合わせて、2つのバイオマスマークを記載可能。
「バイオマスCPPフイルム使用」の10%バイオマスマークと、「バイオマスインキ使用」の20%バイオマスマークを併記する事が可能です。更なる訴求が可能です。

いかがでしたか。皆様のパッケージに「環境対策アピール力」を持たせ、さらなる訴求力向上のお役に立てればと思います。

ご質問、お問合せはページ下部の「お問合せ」フォームをご使用ください!
それでは本日も有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA