ラミネート加工でアルミ蒸着OPP袋を製作

毎度ありがとうございます!

早川製袋の天辻です。

いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!!

 

さて、「ラミネートOPP袋」のシリーズ。次は「アルミ蒸着OPP袋」の紹介です。

 

―アルミ蒸着OPP袋とは―

前回までにご紹介しました、「ラミネートOPP袋」は、

・OPPとCPPを貼り合わせた材料で、それぞれの材質の長所をを生かすことが出来る。

・印刷層を内面にサンドする事で、印刷面に触れる事がなくなるので、

印刷の耐久性向上、色ムラの低減、仕上がりの向上。

これらのメリットを解説していきました。

 

アルミ蒸着とは、金属のアルミニウムを真空気化方法で気体にしたものを

フイルムに付着させ、(蒸着)フイルム表面にアルミの極薄膜を作成する加工方法です。

しかし、アルミ蒸着層は非常に薄いため、こすれに非常に弱く、剥がれが起きやすい事が難点です。

この剥がれの防止と保護を目的に、ラミネート加工が用いられます。

このアルミ蒸着フイルムを使用した袋が、「アルミ蒸着OPP袋」です。

 

 

―アルミ蒸着OPP袋の利点―

 

では、アルミ蒸着OPP袋の利点はどういった物があるでしょうか。

 

・遮光性が非常に高く、内容物が透けにくい。

内容物の遮蔽性に優れ、目隠し効果が高いので、トレーディンググッズ、ノベルティグッズのラッピングに最適です。

 

・印刷では表現できない質感に優れた金属表現が可能。

印刷のメタリック表現よりも粒子が細かく、緻密な金属質感を再現出来ます。

 

・他OPP同様、印刷が可能。

他のOPP袋、CPP袋、ラミネートOPP袋同様の印刷が出来ます。

前述の金属質感に彩色を行う事が可能で、金属質感の強い「金色表現」等が

可能となります。

 

 

―アルミ蒸着ヘッダーとしての使用―

 

以前紹介致しました、

弊社取り扱いの「ヘッダー付きOPP袋」。

ヘッダー色は、「白」「透明」そしてアルミ蒸着加工を利用した、「蒸着ヘッダー」

こちらも選択頂けます。

ヘッダー部分に金属感を用いた、アクセントのあるパッケージが作成できます。

さらに、印刷と組み合わせることで、メタリックカラーのヘッダー付きOPP袋

の作成も可能となります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した、「アルミ蒸着OPP袋」は、

中身を見せたくない商品のパッケージングに最適です。

規格サイズの取り扱いも行っておりますので、ぜひご利用下さいませ。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それでは次回をお楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA