早川チャンネル「ヘッダー袋は上入れ型がある?」

毎度ありがとうございます!

早川製袋の天辻です。
いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!!

前回までのヘッダー袋は、「下入れ型(Aタイプ)ヘッダー袋」の話でした。
今回は、「上入れ型(Bタイプ)ヘッダー袋」の話です。

 以前ヘッダー袋の歴史をご説明させていただきました。

 ・テープ付き平袋に紙製ヘッダーを後加工で貼り付け。
→紙ヘッダー貼付けの資材、作業人件費が掛かる。
→プラスチック(袋)、紙(ヘッダー)、鉄(ホッチキスの芯)と、廃棄時の分別が大変。

 ・製法の進化により、PP合成紙を利用した、一体型製造となる。
→袋の底にあたる部分にヘッダーが入る事になり、内容物は吊り下げ時に底部となる箇所から封入する。内容物の落下事故が発生する。

 これらを改善し、さらなる製法進化によって、吊り下げ時に上部となる、
ヘッダー下からの封入が可能な袋が誕生しました。

こうして生まれた、上入れ型(Bタイプ)ヘッダー袋の利点は、
・内容物の落下リスクが無い。
・Aタイプより重量物に向く。
・底マチをつけやすい。
・袋サイズを均一化できる。

このようになります。
しかし、従来の下入れ型(Aタイプ)にもメリットはあり、

  • 底が折り込めるので、サイズ変更が容易。
  • 封入作業がしやすい。
  • 比較的低コスト。
  • 規格品が豊富にある。
    と、このようにそれぞれ利点があり、棲み分けが出来ていると言えます。

両方のメリットを理解し、最適なパッケージ選定にお役立て下さい。

弊社ではOPPヘッダー付き袋、白ヘッダー、透明ヘッダー共に
規格品販売を行っております。

購入用カートをH.P内に御用意致しております。
多様なサイズを取り揃えておりますので、ぜひご覧になって下さい。

また、ご希望のサイズが無い場合、オーダーメイドも賜っております。
サイズ、ヘッダー色だけでなく、
厚み、材質、ヘッダー幅、穴種類(三角、飛行機穴)等、
幅広く選択、製作が可能ですので、ご希望に合う袋の製作が可能です。

お問合せフォームもご用意しておりますので、ぜひ一度ご連絡下さいませ。

 

本日もご覧いただき、誠に有難うございました。

どうぞ次回もお楽しみに!!

 

本日もご覧いただき、誠に有難うございました。
どうぞ次回もお楽しみに!!

ヘッダー付きOPP袋規格品
お問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA