早川チャンネル「OPP袋の印刷について」


–プラスチック袋に印刷を行う–

プラスチック袋の印刷は、グラビア印刷、オフセット印刷、オンデマンド印刷など
種類があります。
今回は当社で代表的に使用しております、「グラビア印刷」についての説明を行っていき
ます。
-グラビア印刷とは?-
まず、グラビア印刷とはなんでしょうか?
「グラビアアイドル」という言葉が有名ですが、「グラビア」とは、印刷方法の種類です

ハンコとは逆で、着色箇所が凹んでいる、金属製のロール状の版(シリンダー)を用い、
版のへこみ部分にインクを溜め、原料フイルムを直接版に押し当てて転写し、印刷を行っ
ています。
版面の凹みの深さを変えることで、インクの転写量を正確に細かく調整する事が出来る為

細かな濃淡の表現性に優れています。
そして、複数の版を使い、色を重ねていくことで、多色印刷を行うことが出来ます。
単色当りの濃淡表現を活かすことによって、結果、再現性が非常に高いカラー印刷が出来
る事グラビア印刷品質の最大の特徴です。
また、金属製の版を使っていますので、版の耐久性が高く、版の寿命が長いため、
多量の印刷を行うことが出来るので、大量印刷を行う時にはコストを下げる事ができます

-グラビア印刷のメリットを考えよう-
では次に、グラビア印刷をプラスチック袋に行うメリットはどんな事があるでしょうか?
・プラスチックフイルムは紙と比べ、インクの吸い込みが無く、インクの塗布量にムラが
出にくい為、カラー再現性、印刷品質安定性が高い。
・適応原料の幅が広く、材質、厚み、大きさ、形状の自由度が高く、プラスチック袋の加
工性をほとんど損なうことなく、様々な袋の製作が可能。
・版の凹みを深くすることでインク塗布量を増やし、内容物を透けにくくすることで、封
筒のような内容物の遮蔽効果を持たせることが可能。
また逆に透明感を活かし、内容物にカラーフィルターを行ったような表現も可能。
・版の耐久力が高いため、1度の多量印刷、リピート品作成の多回数印刷に向いており、
各印刷種類の中では、比較的ランニングコストが低い。
・原料ロールに印刷を行う為、
→製品表面に印刷を行う表刷り。

→裏面から印刷を行い、フイルム表面の光沢を活かすことの出来る裏刷り。
→2枚の原料の間に印刷面を挟み込み、印刷仕上がり、耐久性、原料特性の向上等、
大きな付加価値が得られるラミネート印刷。
と、印刷方法が選択でき、用途によって仕上がり、機能が選択できる。

-デメリットはどんな事があるのか?-
グラビア印刷の特性上避けられないデメリットが存在するのも事実です。
・版が高価なので、少数印刷は割高になってしまう。
・版の製作、原料への印刷、印刷済原料の袋への加工。と、最終納期が掛かってしまう。
・印刷を複数回重ねて図柄を表現するため、細い線、細い文字は苦手。
また、印刷ズレが起こる可能性がある。
以上がグラビア印刷袋の大まかな説明となっております。
印刷袋全体を通じ、
プラスチック袋は印刷を行う事で、オリジナリティーのある袋を作成する事が出来、
他社商品との差別化や、説明、注意書きの記載等の表記、内容物の訴求力を高める事が可
能となります。
また、製作数によっては、シール貼り等で行っていた作業を、印刷で置き換えることによ
って、全体的なコストを大幅に削減する事も可能となります。
当社ではお客様のニーズに合わせた印刷袋の製作を行っております。
お問合せのフォームをご用意しておりますので、お見積り作成、ご質問等ございましたら
、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA